*

ヘアサイクルを戻す為の総合治療 ~脱毛抑止治療~

公開日:

ブログをご覧の皆様こんにちは。

前回はAGAの根本的な原因であるヘアサイクルの乱れについて書きました。

今回からはその乱れたヘアサイクルを総合治療により、いかに元に戻していくのか書いていきたいと思います。

まずは総合治療を構成する第一の矢「脱毛抑止治療」です。

ヘアサイクルの観点(詳しくは前回ブログをご覧ください)から言えば、毛髪が4~5年という成長期を全うできなくなるが故にAGAが加速度

的に進行していきます。言い換えれば、大人の毛髪が少なくなり子供の毛髪ばかりになってしまい、細く背の低い毛髪だらけになります。

また、健常な長い成長期であっても、異常な短い成長期であっても、成長期が終了すれば次は「休止期」が必ずやってきます。

健常な「休止期」は次の成長期の準備期間ですが、異常な休止期は成長期への準備がされず「停滞期」に入ります。

「異常に短い成長期」「異常に長い休止期」、まずはこの状態を改善しなければなりません。

そこで行うのが「脱毛抑止治療」です。上記の異常な状態を引き起こしているのが「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる

男性ホルモンです。AGAが男性型脱毛症と呼ばれる所以です。

通常のテストステロンと毛乳頭に存在する還元酵素Ⅱ型が結合しDHTへとテストステロンが還元されると、毛乳頭のDHT受容体に結合し

毛乳頭に「成長抑制因子」というシグナルを出させてしまいます。

これにより毛母細胞は細胞分裂をやめていきます。毛母細胞は毛髪生産工場の生産ラインですから、これが萎縮していくと製品の毛髪が

作られなくなっていきます。

これが、まだまだ未来のある毛髪の健常な成長期を一刀両断し、突如休止期に導く原因です。

想像してみて下さい。数百 数千という毛根でこれが起こるとどうなるか。

さて、DHTの影響で成長期が短縮するのであれば一体どうすれば健常な状態に近づける事ができるのか?

考え方はシンプルです。「DHT」を生産させなければいいという事になります。

デュタステリドなどを服用する事により、DHTの生産を抑える(100%は無理ですが)事ができます。

毛乳頭に結合するDHTが少なくなれば、成長抑制因子シグナルが出にくくなります。

毛母細胞の分裂を出来る限り健常な期間分裂させる事が=脱毛抑止治療です。

しかし、残念ながら「休止期」や「停滞期」に陥ってしまった毛根にはアプローチができません。

言い換えれば、今生えている毛髪の寿命を延ばす事は可能だが、生えなくなった所から毛髪を生やす力は無いという事です。

服薬が現状維持治療で、あくまでAGAの進行を緩やかにするものであると言われている理由です。

休止期や停滞期からもう一度発毛させる為には、毛乳頭に「成長促進因子」を出させ、もう一度毛母細胞を造る事が必要ですが、

それには細胞レベルでのアプローチが必要であり、総合治療三本目の矢であり再生医療の分野である「発毛治療」が必要になりますが

それは最後にお話しします。

まずは、現状を維持するにしても育毛や発毛をするにしても、抜けない様にするというのは全ての治療のベースとして非常に重要だと

言う事をご理解頂ければと思います。

次回は「育毛治療」について書きます。

泌尿器、AGA薄毛治療のご相談

薄毛・男性形成専門カウンセラーです。 治療のご相談はお気軽にご連絡ください。
0120-884-796

神戸中央クリニックサイト

関連記事

早漏治療について

今回のご質問は「早漏治療を考えているのですが・・・」とのご相談についてです。 まず、「早漏」とは一

記事を読む

AGA薄毛専門サイト・男性泌尿器科専門サイトUPいたしました。

本日、AGA専門サイト。男性泌尿器科専門サイトをUPいたしました。 ご相談お待ちしておりま

記事を読む

シリコンボール

最近、シリコンボールを入れたいとご来院される若い方が増えています。 どのような配置が多いのかまとめ

記事を読む

亀頭増大注入剤「パフォーム」が終了

こんにちは! 今回は、亀頭増大等に使用されておりました注入剤パフォームについてお話し致します。

記事を読む

ルグゼバイブ 薬価引き下げのお知らせ

ルグゼバイブは、世界中で女性脱毛抑止薬として長らく愛用されてきた 「パントガール」の成分そのままに

記事を読む

AGAカウンセリング①

みなさん、こんにちは。 今回は、先日ご来院された患者様のカウンセリングをご紹介します。 その方は

記事を読む

AGA治療Q&A ~生活習慣編①~

皆様こんにちは。 今回のAGAに関する患者様からのご質問は「帽子を被ると薄毛が進行しますか?」につ

記事を読む

AGAの基礎知識

皆さんこんにちは。 早いもので今年もあと数日となり今年の締めくくりでお忙しい方も 多いのではない

記事を読む

AGA治療Q&A ~HARG療法編④~ HARGは何故6回必要?

今回のHARGに関するご質問は「HARGは何故6回が基本設定なのか?」です。 HARGは毎月1回の

記事を読む

包茎手術

皆様こんにちは。 包茎とは、亀頭に包皮が被る状態を指します。                   

記事を読む

泌尿器、AGA薄毛治療のご相談

薄毛・男性形成専門カウンセラーです。 治療のご相談はお気軽にご連絡ください。
0120-884-796

神戸中央クリニックサイト

泌尿器、AGA薄毛治療のご相談

薄毛・男性形成専門カウンセラーです。 治療のご相談はお気軽にご連絡ください。
0120-884-796

神戸中央クリニックサイト

コンビネーション治療【ブツブツ除去】

包茎の方であれば、亀頭にブツブツがあるという方も多いのではないでしょ

コンビネーション治療【亀頭増大】

包茎手術をおこなうと、通常時も亀頭が露出するようになるため、亀頭の様

屈曲ペニス(陰茎湾曲症)

勃起時に陰茎が左右・上下に陰茎が曲がってしまう症状があります。陰茎湾

6ヶ月集中プログラム

当院での薄毛治療は、AGA治療薬から再生医療のハーグ療法まで幅広く取

オトクなコンビネーション治療

神戸中央クリニックでは、お得なコンビネーション治療を準備中です。 1

→もっと見る

  • 神戸中央クリニックサイト

    美容整形オフィシャル ワキガ多汗症治療 シワ若返り治療 レーザー脱毛 男性ひげ脱毛 薄毛AGA治療 男性泌尿器科 ED勃起不全
PAGE TOP ↑