*

AGAカウンセリング④

公開日:

こんにちは!

毛髪診断士の豊田です。

今回は、1クールである6回のHARG療法を終えられた方からのご質問です。

「HARGは今後も定期的に注入した方が良いのですか?」

このご質問についてお話しします。

結論としては「イエス」です。

私個人的には、患者様にHARGを「断続的に」注入して効果が実感できる限界は12回(2クールまで)だとお話ししています。

必ず発毛限界(頭打ち)が来ます。

なぜなら、毛髪自体が無限に存在するわけではありませんし、それに伴い毛乳頭の数も限られているからです。

逆に言えば、12回の断続的注入を行えば感化可能な毛乳頭はほとんど感化されます。

これ以上つつく重箱の隅がない位の状態になります。最高の状態です。

この状態の後ももちろん増やした毛髪をデュタステリドなどで全力で守るのですが、残念ながら100%AGAの進行を止める事はできません。

そこで半年に1回や1年に1回などの定期注入を行うと、HARGを1クール以上行って頭皮環境が整った状態であるという

事が前提にはなりますが、その最高の状態をより長く維持出来る様になります。

車のオイル交換の様にマメに変えてやる事によってエンジンが長持ちするようなイメージでしょうか。

毛根も同じなのです。

しかし、それが良いと分かっていても、AGAに割ける予算は人それぞれです。

予算の中で最良の効果を得られる方法をお話しするのが私の役目です。

お気軽にご相談下さい。

一緒に考えましょう。

泌尿器、AGA薄毛治療のご相談

専門カウンセラーの豊田です。 治療のご相談はお気軽にご連絡ください。
0120-884-796

神戸中央クリニックサイト

関連記事

no image

女性薄毛について

みなさんこんにちは。 毛髪診断士の豊田です。 さて、今回は女性薄毛についてお話ししたいと

記事を読む

no image

早漏治療について

皆様こんにちは! 神戸中央クリニックカウンセラー豊田です。 今回のご質問は「早漏治療を考

記事を読む

AGA治療Q&A ~お薬の即効性と治療のゴールは?~

皆さんこんにちは。 神戸中央クリニック毛髪診断士の豊田です。 今回は「お薬の効果はどれぐ

記事を読む

no image

見栄えのイイ男になりたい!!

こんにちは!カウンセラーの豊田です。今回は、当院人気№1治療の亀頭増大・強化術についてお話しします!

記事を読む

新薬ザガーロはプロペシアを超えるのか?

こんにちは。 神戸中央クリニック毛髪診断士の豊田です。 さて、今回は発売から4ヶ月が経過

記事を読む

ルグゼバイブ 薬価引き下げのお知らせ

ルグゼバイブは、世界中で女性脱毛抑止薬として長らく愛用されてきた 「パントガール」の成分そのま

記事を読む

no image

明けましておめでとうございます!

皆様、明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。 神戸中央クリニック

記事を読む

最高の季節がやってきた!

残暑も落ち着き、めっきり涼しくなり秋めいてきた、今日この頃。 皆様は、いかがお過ごしでしょうか

記事を読む

HARG療法「通常」と「集中」

当ブログをご覧の皆様こんにちは。 神戸中央クリニック毛髪診断士の豊田です。 4月を目前に

記事を読む

AGA治療をより効果的に!

こんにちは。カウンセラーの豊田です。 今回も前回に引き続きAGAについてお話しします。 前回HARG

記事を読む

泌尿器、AGA薄毛治療のご相談

専門カウンセラーの豊田です。 治療のご相談はお気軽にご連絡ください。
0120-884-796

神戸中央クリニックサイト

泌尿器、AGA薄毛治療のご相談

専門カウンセラーの豊田です。 治療のご相談はお気軽にご連絡ください。
0120-884-796

神戸中央クリニックサイト

パイプカット キャンペーン始まります。

こんにちは! 最近、当院で「パイプカット」のご相談が増えてきてい

ルグゼバイブ 薬価引き下げのお知らせ

ルグゼバイブは、世界中で女性脱毛抑止薬として長らく愛用されてきた

no image
AGA遺伝子検査は有効か?

AGA遺伝子検査はどれだけ有効なのでしょうか? 当院でもAGAの

no image
糸の違い

こんにちは。 形成カウンセラーの豊田です。 今回は、縫合に用い

no image
未成年の服薬治療について

最近、10代の方からの薄毛の相談がふえています。 AGAは早けれ

→もっと見る

  • 神戸中央クリニックサイト

    美容整形オフィシャル ワキガ多汗症治療 シワ若返り治療 レーザー脱毛 男性ひげ脱毛 薄毛AGA治療 男性泌尿器科 ED勃起不全
PAGE TOP ↑